カードローン デメリット

1.カードローンでお金を借りることのデメリットを徹底解説!

カードローンを利用することでのデメリットとして挙げられるのが、借りやすさです。
カードローンが利用できるようになれば、利用限度額内でいつでもお金が借りられるようになります。
この便利さがカードローンの魅力なのですが、簡単にお金が借りられることで、つい借りすぎてしまうという人もいます。
カードローンで支払う利息は、銀行でもけして安いものではありません。
そのため、借りすぎてしまうと毎月の返済が大変になることもあります。
カードローンを利用するときには、必要な分だけの借り入れをすることが重要で、この借り方が最も賢い利用と言えます。

 

カードローン デメリット

 

1-1.消費者金融と銀行系カードローンの違いとは

カードローンの利用を考えた時には、消費者金融で借りるのか、銀行系のカードローンを利用するのか選択することになります。
この消費者金融と銀行との違いに金利があります。
この金利によって毎月支払うことになる利息を決めることになるので、この金利が低い金融機関でお金を借りることが重要です。
この金利の低さで選択をするなら銀行が最適です。
消費者金融と銀行とでは、金利に大きな差があります。
そして、各銀行によっても金利は違ってくることから、しっかりと比較して自分に合った銀行を選ぶことが大切です。
この金利によってお得に借りれるかが決まります。

 

1-2.専業主婦が利用できるカードローン

専業主婦の人でも借りられる金融機関は、消費者金融にも銀行でもあります。
ただ、気軽に借りられるのは銀行です。
銀行というと消費者金融よりも審査が厳しいと言われていますが、専業主婦の場合は違ってきます。
消費者金融では総量規制があるため、大手消費者金融に申し込んでも、まずカードローンの利用は出来ません。
専業主婦の人が消費者金融でカードローンを利用するためには、配偶者貸付制度を採用しているところを選ぶ必要があり、この制度を採用しているところは、中小の消費者金融しかないと考えられます。
そのため、消費者金融では借り入れが難しく、専業主婦の人の場合には銀行の方が借りやすいと言えます。

 

1-3.配偶者貸付と総量規制対象外とは

消費者金融では借りにくいのに、なぜ銀行なら借りやすいのかと思う人もいるかもしれませんが、その理由は総量規制対象外ということが挙げられます。
銀行でも専業主婦の人が利用する場合には、配偶者貸付を利用することになります。
この配偶者貸付は、配偶者に安定した収入がある専業主婦の人に限り融資をするというものです。
消費者金融での配偶者貸付では、総量規制の例外として認められているもので、消費者金融での配偶者貸付では複数の書類を提出する必要があります。
しかし、銀行ではもともと総量規制対象外なので、本人確認書類だけでカードローンが利用できるといった銀行もあります。

2.銀行系カードローンを比較できるオススメのサイト!

銀行系カードローンを比較できるサイトとして、最適なのがファイグーです。
このサイトでは、多くの人が抱えているお金の悩みなどをしっかりと解決してくれるサイトで、専業主婦でも利用できる銀行系カードローンのこともわかりやすく紹介しています。
このファイグーのトップページには、下の方にカテゴリー一覧があります。
このカテゴリー一覧のキャッシングの基礎の中にある「審査について」をクリックすると、キャッシングの審査を解説のログ(記事)一覧が表示され、このタイトルの下に「もっと細かくカテゴリを指定する」という項目があります。
その中に、「審査で見られる属性・職業」をクリックすると、「専業主婦も借りられるカードローン一覧。知らなきゃ損する配偶者貸付」という記事を選択することができ、この記事には銀行系カードローンのことも紹介されています。

3.個人信用情報機関に記録される利用履歴と返済履歴

銀行では、専業主婦の利用でも本人確認書類だけで借りられるところもいくつかあり、利用しやすいというメリットがあります。
しかし、その利用のしやすさから、複数の金融機関を利用してしまい返済日を忘れていたり、返済が難しくなることで、延滞をしてしまうといった人も増えてきます。
この延滞をしてしまうと、個人信用情報機関に記録されることになります。
延滞などの利用履歴や返済履歴が残ることにより、今後の金融機関の利用に大きな影響を与えることもあります。
将来住宅ローンや教育ローンを考えている人もいるのではないでしょうか。
このような審査の時に、個人信用情報機関に記録されている利用履歴や返済履歴を確認され、傷がついていると、これらのローンが利用できなくなることもあります。

4.カードローンの返済方式と金利を解説

多くの金融機関ではカードローンの返済方式に残高スライドリボルビング方式を採用しています。
この残高スライドリボルビング方式では、利用残高によって返済額も変動することになります。
金利によって求められる利息は利用残高によって変わり、利用残高が多ければそれだけ利息も増えます。
この残高スライドリボルビング方式では、一定の利用残高が減れば返済額も少なくなり、なかなか利用残高が減らないという特徴があり、それだけ利息も多く支払うことになるというデメリットがあります。
少しでも、支払う利息を減らしたい人は、繰り上げ返済や一括返済などをして、早めに返済することをおすすめします。

5.急な出費に対応できる便利な即日融資!

大手消費者金融での大きなメリットと言える即日融資ですが、最近では銀行でも利用できるようになっています。
そのため、今カードローンが利用できないという人でも、急にお金が必要になれば、即日融資をしている銀行を利用して、すぐに融資が受けられるという環境になっています。
しかし、この便利さにより、簡単に借金をしてしまう人が多くいます。
どうしてもお金が必要という時にはとても助かる存在なのですが、欲しいものがあり、今手持ちがないから即日融資をしている金融機関を利用してカードローンを申し込むといった利用法をしてしまうと、どんどんと借金が膨らんでしまうこともあるので、申し込む時には本当に必要なのかを考えてから利用することも大切です。

6.カードローンの返済期間と元利均等返済方式を徹底解説!

カードローンでよく利用されている、残高スライドリボルビング方式では、元金均等方式と元利均等返済方式というものがあるのをご存知でしょうか。
この2種類の方式の違いは、元金と元利という言葉の違いがあります。
元金とは決められた返済額に利息を上乗せして支払うもので、元利では返済額の中に利息が含まれています。
元利返済方式では毎月の返済額が一定となり、返済計画が立てやすいのですが、返済額の中に利息が含まれているため、利用残高が減りにくく、返済期間が延びるといったデメリットがあります。
返済方式によって、毎月の返済額や返済期間が違うので、しっかりと確認することも必要です。

7.カードローンを利用した専業主婦の口コミ体験談

友人と旅行に行くたびにカードローンを利用していたという人の口コミを見ることが出来ました。
友達と旅行に行くためにお金を出してくれとは夫には言えず、カードローンを利用していたようです。
この人の場合には、旅行に行くたびに違うカードローン会社に申し込んでいたため、「さすがに4回目借入した時点で、返済日がどれがいつだったか忘れてしまった」ということもあったそうです。
複数のカードローンを利用していると、そのカードローンによって返済日が違うため、返済忘れの可能性が高くなります。
また、返済も出来なくなる可能性も高く、無理な借り入れは避ける必要があります。