カードローン 複数

1.カードローンを複数申込むとどうなる?

すぐにお金が必要という時には、審査に通るか心配で、いくつかの金融機関に申し込みをしておこうかと考える人もいるのではないでしょうか。
専業主婦が利用できる銀行は複数あり、そのすべての銀行に申し込みをしておけば、どこかの銀行がお金を貸してくれるだろうと思ってしまいます。
しかし、このような行為によって審査に通らなくなることにもなります。
もし、同時に金融機関に申し込みをして、全ての審査に通ることになると、多くの借り入れが出来るようになります。
この状況は、金融機関側から見ると、収入のない専業主婦には支払いが出来なくなる可能性が高くなると判断することができ、複数申し込みをする人は敬遠されます。

 

1-1.短期間の場合は申し込みブラックになる可能性

数カ月にもわたるような延滞や債務整理をしてしまうと、よくブラックリストに載ってしまうと言われます。
このブラックリストに載るというのは、信用情報機関にその事実が記録されることを指しています。
短期間にカードローンに申し込んでしまうと、このブラックリストに載るといった状態になることがあります。
金融機関にとっては、短期間で申し込みをするということは、短期間で借入金を増やす可能性もあることから、危険人物としての扱いを受けることになります。
申し込みブラックの扱いを受けると、まずカードローンの審査に通ることは難しくなるので、短期間の申し込みは避けることが大切です。

 

カードローン 申し込みブラック

 

1-2.申し込みブラックを避けるために必要な事

どうしてもお金が必要な時には、複数の金融機関に申し込むことは仕方がないと思う人もいるのではないでしょうか。
審査に通らなければ、他の金融機関に申し込みをすることは当然とも言えます。
ただ、多くの金融機関に申し込みをすることは申し込みブラックになってしまうこともあることから注意が必要です。
この申し込みブラックとして扱われる基準としては、1カ月に3社以上に申し込むということです。
そのため、1カ月で2社までならこの申し込みブラックを避けることが出来ます。
申し込みをするときには、1カ月の申し込み数に注意を払いながら行うことが大切です。

 

1-3.申込みブラックが消えるまでの期間とは

もし、すでに複数の申し込みをしてしまい、申し込みブラックになってしまったら、一生お金を借りられなくなるのかと心配をする人もいるかもしれませんが、一定期間過ぎればこの申し込みブラックの情報は消えます。
信用情報機関の記録は、情報によって記録を保存する期間が決まっています。
そのため、この申し込みブラックとなる情報も一定期間を過ぎれば消えることになります。
この申し込みブラックの消える期間は6カ月です。
半年過ぎれば、申し込みブラックとしての情報は消えるので、複数の金融機関に申し込んでしまい、どこの金融機関からも審査に落とされるという人は、半年間待ってからもう一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

2.消費者金融や銀行系カードローンの利用履歴は信用情報機関に登録される

申し込みブラックを避けるためには、複数の金融機関に申し込まないことが大切になるのですが、どうしてカードローン会社はその情報を得られるのかと思う人もいるのではないでしょうか。
金融機関同士がつながっていて、情報交換をしていると思ってしまいますが、金融機関を利用した情報はすべて信用情報機関に記録されることになっていて、カードローンの申し込みをすれば、必ず申し込みを受けた金融機関は、この信用情報機関の記録を確認するため、複数の金融機関に申し込んだという事実を知られることになります。
そのため、他社であっても、今まで利用した情報はすべて知られるということを理解して申し込みをすることが大切です。

 

2-1.貸金業法に基づく総量規制は年収の三分の一まで

消費者金融では総量規制があり、年収の三分の一までの借り入れしかできないことになっています。
この年収の三分の一までというのは、貸金業者全ての借入額を含めて計算することになります。
しかし、他社の借り入れなどわからないと思い、申し込みの際に他社の借入額をごまかしても、信用情報機関の記録を確認すれば、今どのくらいの借り入れがあるのかはすぐにわかります。
そのため、申し込みの際には、今の借入額などは正確に記入することが大切です。
記入した借入額と、金融機関が信用情報機関の記録を確認した借入額が違っている場合には、信用できない人と判断されてしまい、それだけで審査に落とされる可能性があります。

3.配偶者貸付は総量規制対象外!

貸金業者では総量規制があるため、収入のない専業主婦の人は原則利用できないのですが、例外として認められている配偶者貸付を利用すれば、夫の年収の三分の一までは借りられることになります。
しかし、夫がすでに貸金業者から多くの借り入れがあり、年収の三分の一まで借り入れをしていれば、この制度を利用してもお金を借りられないことになります。
ただ、銀行は貸金業者ではないため、この総量規制対象外となり、貸金業者を利用できない人でも借りられる可能性はあります。
しかし、通常は他社からの借り入れが多い人は審査に通ることは難しいと思っておくことが大切です。

 

3-1.主婦も利用できるカードローンを徹底調査!

仕事をしていない専業主婦でも、お金を借りる方法はあります。
しかし、銀行と消費者金融のような貸金業者では適用されている法律が違うため、どちらを利用するのかしっかりと考える必要があります。
他社からの借り入れもなく、信用情報機関を利用して、今までの利用実績を確認しても問題ないという人は、問題なく審査に通ると考えられるのですが、過去にブラック扱いをされるような利用実績があったり、他社からの借り入れが多いという人の場合には、申し込みも慎重にする必要があります。
夫に貸金業者からの借り入れが多いという場合には、消費者金融からの融資は難しいと考えられ、総量規制のない銀行に申し込むのが最適と考えられます。

4.おまとめにも利用できるオススメの金融会社!

すでにカードローンを利用しているという人の中には、複数の金融機関からお金を借りてしまい返済が大変という人もいるのではないでしょうか。
カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのような目的ローンとは違い、高い金利が適用されるため、複数のカードローンを利用すると、返済が困難になることもあります。
すでにこのような状態になっている人におすすめなのが、おまとめローンです。
おまとめローンとは、複数のカードローンを1社にまとめてしまうということで、1社からの借り入れにすることにより、借入金額が増えて金利も低くなるというメリットがあります。
このおまとめローンでは、もともと金利の低い銀行で利用するのがおすすめです。

5.実際に利用した専業主婦の口コミ体験談!

おまとめローンを利用した専業主婦の人の口コミの中には、複数の金融機関を利用したことで借入額が50万円にも達し、離婚寸前にまでなったという人の声を見ることが出来ました。
この人はもともと浪費家のようで、借りる額はいつも2〜3万円だったようですが、「積もり積もって、金額は50万程度に!それが主人にとうとうばれてしまい、離婚される寸前までいってしまいましたが、おまとめローンをして二人で返していくこと、それから家計は主人が管理することで話しがつきました」とのことでした。
このように、安易にカードローンを利用してしまうと大変なことになってしまうので、計画的な利用が大切です。