カードローン 限度額

1.カードローンの利用限度額の設定方法を徹底解説!

カードローンに申し込み、審査に通ると利用限度額が決められることになります。
申し込みの際には、希望借入額を記入することになるのですが、この希望通りの借り入れが出来るとは限りません。
カードローン会社から連絡が入り、希望借入額は50万円でしたが、10万円の借り入れなら可能ですといった連絡が入る可能性もあります。
どうしても50万円必要だったという人にとっては、審査に通ったのはうれしいけど、必要なお金が借りられないのなら意味がないと感じる人もいるかもしれません。
ここでは、この利用限度額がどのようにして決まるのかを説明したいと思います。

 

カードローン 限度額

 

1-1.専業主婦も利用できるカードローンとは

通常、お金を借りるためには、収入があることが前提となります。
これは当然のことで、お金を貸しても返すあてがないような人には、どこの金融機関もお金を貸してはくれません。
そのため、無職という人は金融機関から借り入れは出来ないのですが、専業主婦の場合は別です。
専業主婦は、夫に安定した収入があるので、仕事をしなくても生活できることになります。
仕事をしなくても生活できるということは、それだけ夫に安定した収入があるという証明ともなり、金融機関によっては仕事をしていない専業主婦にもお金を貸してくれます。
このように、専業主婦も利用できるカードローンは、夫の安定した収入があることでお金を借りられるということです。

 

1-2.配偶者貸付を利用出来る金融会社

配偶者に安定した収入があることで、専業主婦に融資をすることを配偶者貸付と言い、この配偶者貸付が利用できる金融会社は、銀行でも消費者金融でもあります。
しかし、どちらの金融機関も、どこでも利用できるというわけではありません。
どちらの金融機関でも、契約者本人に安定した収入があることが条件としているところもあります。
そのため、専業主婦の人がお金を借りたいと思った時には、まず配偶者貸付を利用できる金融会社を探す必要があります。
専業主婦でもOKという金融会社では、配偶者に安定した収入があるというだけでお金を貸してくれる金融会社となります。

 

1-3.収入と返済能力に応じたお金の借入が重要

仕事をしていない専業主婦でも配偶者貸付を利用することにより、カードローンを利用することが出来るのですが、利用できる限度額は、収入と返済能力が大きくかかわっています。
銀行などでは、専業主婦の方には最大30万円、最大50万円まで融資が可能と書かれているところもあるのですが、誰でも30万や50万円借りられるというわけではありません。
配偶者に安定した収入があるといっても、住宅ローンをかかえていて、生活に余裕がない人もいるでしょうし、複数のカードローン会社から借り入れをしているという人もいます。
収入が多くても、その収入に占める支出部分が多いのでは返済能力は低いと判断され、低い利用限度額となってしまいます。

2.限度額は信用情報機関に登録されている利用実績や返済実績でも変動

金融機関では信用を重要視します。
この信用とは何と思う人もいるかもしれませんが、信用というのは確実に返済できるということです。
どんなに大きなお金でも、確実に返済してくれるという確信が得られる人なら金融機関は喜んで融資をしてくれます。
この信用がどのくらい得られるかによって限度額も変動します。
信用情報機関には、今まで金融機関を利用した人の様々な情報が記録されています。
過去にどのくらいの借り入れをして、延滞をせずに返済をしていたかどうかは、この機関の記録を確認するだけですぐにわかります。
返済を確実にしていくことは、金融機関に大きな信用を与えることにもつながります。

 

2-1.勤続年数や居住年数も考慮される

限度額が決まる要素は、年収や過去の利用実績だけではありません。
年収がどれだけ多くても、勤続年数が少ないといった場合には、金融機関は融資に対して慎重になります。
金融機関が重要視するのは年収の多さよりも安定した収入が得られるかどうかです。
勤続年数が少ない人ほど、その仕事が続くかどうかもわかりませんし、不慣れな仕事によって怪我などをして収入が得られなくなる可能性もあります。
また、居住年数も審査には影響します。
居住年数が多いということは、引っ越しなどをする可能性も低く、連絡が取れなくなるといった心配もなく、安心してお金を貸すことが出来ます。

3.専業主婦におすすめの利用しやすいカードローン!

銀行は専業主婦の人には利用しやすい金融機関となっているのですが、どこの銀行も借りやすいというわけではありません。
銀行によっては専業主婦の方にはお金を貸さないといったところもありますし、専業主婦に融資をしますといったことをアピールしているところもあります。
専業主婦の人が利用しやすいカードローンは、銀行側がしっかりとアピールをしているところです。
このような銀行では、比較的審査にも通りやすい銀行と考えられます。
逆に、専業主婦の人でも利用できるというところでも、特にアピールもしていないところでは、あまり専業主婦の人を歓迎していないと考えられ、審査も厳しいものになる可能性もあります。

 

3-1.オリックス銀行ともみじ銀行、楽天銀行を徹底比較!

オリックス銀行では、原則収入がある人というのが条件となっていて、専業主婦の人では借りにくい銀行です。
しかし、オリックス銀行を紹介しているサイトを見ると、実際にオリックス銀行に連絡をして、専業主婦の人でも借りられるということを確認できたといった情報があります。
地方銀行でも専業主婦でもカードローンを利用できることろもあり、その一つがもみじ銀行です。
ただ、このもみじ銀行で専業主婦の人が借りる場合には、住居や勤務先が本支店所在地近隣の方に限定されています。
専業主婦でも積極的に融資をしていると考えられるのが楽天銀行で、この銀行なら住居など関係なく利用することができ、専業主婦の人にはおすすめです。

4.カードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

「何かと親戚付き合いが多く、入学、卒業、就職、結婚式、葬式など冠婚葬祭費が月平均で5万弱は飛んで行きます」といった人の口コミを見ることが出来ました。
田舎に住んでいると、親戚付き合いなどによって多くの出費が必要になることが多く、この人もこ費用を捻出するためにやりくりをしていたようですが、どうしても足りなくなり、楽天銀行のカードローンを利用したとのことでした。
「申し込んで2,3日したら指定口座に振り込みがされており、限度額内であれば何度でも借りることができる頼もしいカードです」と言っていて、専業主婦でも借りられる銀行は、とても助かる存在です。