カードローン 銀行 消費者金融

1.銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いとは

専業主婦が融資を受けるためには、まず銀行系カードローンを利用するのか、消費者金融系カードローンを利用するのかを決めることが必要になります。
どちらを選ぶのかのポイントとして、まず挙げられるのが融資額です。
銀行系では30万円から50万円までの借り入れとなっていて、この範囲内での借り入れが希望という人の場合には、銀行系カードローンを選ぶことをおすすめします。
しかし、それ以上の借り入れでは消費者金融がおすすめです。
配偶者貸付制度を利用すれば、夫婦の年収を合算して、その年収の3分の1までの借り入れとなるため、多くのお金が借りられる可能性があります。

 

銀行カードローン 消費者金融 違い

 

1-1.専業主婦が申し込むのに最適なのは?

専業主婦の人が利用する上で最適なのが銀行系カードローンです。
収入がない専業主婦が多くの利用限度額のカードローンを利用してしまうと、借りすぎてしまい返済できないということが起こる可能性が高くなります。
もともと、銀行系カードローンでは利用限度額が低く設定されるため、無理な借り入れができず、安全に利用することが出来ると考えられます。
特に、夫に内緒で借りるという場合には、確実に返済していくことが大切になり、今の夫の年収で家計が苦しいといった場合には、申し込みの際の希望額も、出来るだけ少なく申し込んでおくことで無理な借り入れを抑えることも出来ます。

 

1-2.銀行系カードローンの配偶者貸付を徹底解説!

銀行系カードローンでは、まずメリットとして挙げられるのが金利が低いという点です。
専業主婦の人にとって、毎月の返済額は少ないほうが利用しやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。
しかし、毎月の返済額が少ないということは、少額の借り入れでも返済期間が長くなり、利息を多く支払うことになります。
この時に金利が低いほど支払う利息は少なくなります。
専業主婦の借り入れでは、返済額が少なくなる傾向にあることから、金利はとても重要な要素となります。
また、銀行系のカードローンでは、自動融資などのサービスを提供しているところもあり、銀行系カードローンは専業主婦にとって頼もしい存在となってくれます。

 

1-3.貸金業法の総量規制は対象外!

専業主婦が消費者金融でお金を借りる時にネックとなるのが貸金業法の総量規制です。
この総量規制があるために、大手消費者金融での借り入れは難しい状況と言えます。
しかし、銀行は銀行法で営業をしているため、この総量規制は対象外です。
この総量規制がないことにより、収入のない専業主婦でもお金が借りられることになっています。
夫に安定した収入がある人なら、収入証明なども必要なく、本人確認書類だけで利用できるカードローンもあります。
この利用のしやすさが、銀行の大きなメリットと言えます。
専業主婦の人で、カードローンの利用を考えるのなら、銀行系カードローンを利用することをおすすめします。

2.消費者金融系カードローンに申し込みをした専業主婦の口コミ体験談

消費者金融のエレガンスに申し込みをして、「最初に電話してから結果まで1時間かかりませんでした」といった声を見ることが出来ました。
エレガンスは創業40年と、専業主婦の人でも安心して利用できる消費者金融です。
大手消費者金融ほどの知名度もなく、利用をためらう人もいるかもしれませんが、このエレガンスでは大手消費者金融にも負けないサービスを提供しています。
大手消費者金融では即日融資があたりまえのようになっていますが、このエレガンスでも即日融資は可能で、すぐにお金が必要という専業主婦の人でも利用しやすい金融機関です。

 

2-1.銀行系カードローンに申し込みをした専業主婦の口コミ体験談

「友人の結婚式が一気に重なり、披露宴に参加するドレスなどを含めて15万以上の出費が必要な時にお世話になりました」という人の口コミを見ることが出来ました。
この人は、みずほ銀行カードローンを利用したようです。
この口コミでは、「少しの期間でもやはり利息が高いなと感じました」とも言っています。
よく利用されている自動車ローンなどと比べると、カードローンの場合には2〜3倍もの金利になっていることから、とても高いと感じる人も多くいます。
しかし、自動車ローンでは自動車の購入のためにしか使うことが出来ません。
カードローンでは自由にお金を使うことが出来るところが大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

3.配偶者貸付の利用限度額

カードローンの利用を考えた時に気になるのが、どのくらいの融資が受けられるのかという点です。
銀行では、30万円〜50万円、消費者金融では夫の年収の3分の1までとなります。
これだけを見ると、消費者金融の方が多くのお金が借りられそうです。
しかし、この年収の3分の1までというのは、貸金業者での総借入額となり、1社だけの借入額ではありません。
そのため、夫がすでに貸金業者から一定の借り入れがあるという場合には、その分を引いた残りの分しか借りることは出来ません。
まずは、本当に必要なお金はどのくらいかを考えて申し込むことが大切です。

4.専業主婦が利用するのに最適なオススメのカードローン会社!

銀行系に申し込みをするのか、消費者金融を選ぶのかは、迷うところですが、夫に内緒で申し込みをしたいという人には、銀行がおすすめですし、多くのお金が必要という場合には消費者金融が最適と考えられます。
ただ、多くのお金が必要で、夫の同意まで得てお金を借りるのなら、夫名義で金利の低い銀行でお金を借りるという選択肢もあります。
そのため、専業主婦がお金を借りたいという場合には、銀行という選択肢で考えることです。
銀行は金利が低く、提出書類も少ないので、気軽に申し込むことが出来ます。
専業主婦の強い味方となってくれるのは銀行と言えるのではないでしょうか。

 

4-1.実際にカードローンを利用した専業主婦の口コミ

夫が日給制の仕事をしているという人の口コミを見ることが出来ました。
「夫が急にぎっくり腰になり 一週間ほど仕事を休むことになりました」とのことで、日給制では休んだ分の給料は支払われないので、生活費が足りなくなってしまったようです。
みずほ銀行でネットを利用して申し込んだようで、1〜2日後に審査結果が届き、「すぐにお金が必要だったので その日に窓口へ本契約をしに行きました」とのことです。
このように、生活をしていると、急な怪我や事故によって夫が働けなくなることもあります。
このようなときに、専業主婦でも利用できる金融機関は強い味方となってくれます。

5.配偶者貸付は配偶者に秘密で利用できる?

銀行での配偶者貸付は夫に内緒で借りることは可能です。
口コミなどを見ても、夫にバレてしまったという口コミはほとんどありません。
夫にバレない理由として、専業主婦が契約者となることが挙げられます。
審査の対象は契約者となるため、夫の在籍確認をするのではなく、申し込み者である専業主婦の人に連絡をして、色々と質問をされることになります。
そのため、夫の在籍確認が行われなかったというケースが多いようです。
ただ、夫の在籍確認が絶対にないというわけではないので、夫の在籍確認が心配という人は、事前連絡をして在籍確認をされては困ることを伝えておくことが大切です。