銀行 お金 借りる 主婦

1.専業主婦が銀行カードローンを利用できる理由

基本的に、ローンを組むことができるのは安定した収入がある人だけで、カードローンもフリーローンという借金の一つの形である以上、この例外ではありません。
しかし、世の中には専業主婦でも一定の条件の下で利用することができるカードローンが存在します。
とは言っても、全てのカードローンを利用できる訳ではなく、自身に収入が無い専業主婦の場合には銀行系カードローンの中から選ぶことになるでしょう。
なぜ、専業主婦であっても銀行系カードローンは利用できるのでしょうか?
まずはこの点について説明していきたいと思います。

 

1-1.銀行カードローンは総量規制対象外!

お金を借りることができる金融機関には大きく分けて銀行とノンバンク(消費者金融や信販会社といった銀行以外の金融機関の総称)という2種類のものがあります。
ノンバンク系業者から融資を受ける際には貸金業法の総量規制(その人の年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないとする制限)がかかってきます。
この規制があるが故に専業主婦はノンバンク系カードローンを利用することができません。
これに対して銀行は銀行法と言う異なる法律の下で貸付をしているため総量規制の対象外となっています。
これが、銀行が専業主婦に対しても融資を行っても良いとする法的な根拠です。

 

1-2.利用限度額は配偶者の収入によって変わる

一般的な銀行系カードローンの利用者であれば、初契約時のカードローンの利用上限額は少なくとも50万円には設定されると思います。
これに対して、自身に収入が無い専業主婦は返済能力に少々不安があるため10~30万円に設定されることも少なくありません。
ただし、配偶者が大手企業に勤めていたり、安定した平均以上の年収があるのであればそれ以上に借り入れ枠を広げることも可能です。
専業主婦の場合には、世帯収入を基に利用限度額が決定されると考えておいて良いでしょう。
世帯収入が高ければ上限額も引き上げられるし、反対に世帯収入が低ければそれだけ利用限度額も引き下げられてしまいます。

 

カードローン 限度額 収入

 

1-3.配偶者貸付制度を使えば消費者金融も利用可

総量規制があるため、専業主婦はノンバンク系カードローンを利用することができないと説明しましたが、実はこれには例外があります。
それが配偶者貸付制度というもので、通常の申請書に加えて夫の同意書、結婚証明書、収入証明を提出することで、専業主婦であっても世帯収入の3分の1までの額の融資をノンバンク系業者から受けられるようになります。
配偶者の同意書が必要になるため、夫に内緒でカードローンを利用することはできませんが、もしも夫からのカードローンの利用許可が下りた場合には利用するカードローンの選択肢が増えるためオススメです。
特に、アコムやプロミスといった貸金業者では無利息期間サービスを提供しているところもあり、これらを上手に使うことで実質的に利息ゼロで借入を行うこともできます。

2.夫に内緒で借りられる?

専業主婦向け銀行系カードローンではカードローンの申し込みをした本人に対しては本人確認の電話をしますが、夫に電話がいくことはありません。
また、銀行系カードローンを利用するのであれば夫の同意書なども不要であるため夫に内緒でお金の借入を行うことは可能です。
しかし、カードローン契約は配偶者に内緒で結ぶことができますが、郵送物や自宅への電話などから夫にバレてしまうという話しは良く聞くため注意が必要です。
基本的に、専業主婦向けカードローンで郵便物を送ったり、自宅に電話をかけることはありませんが、返済を滞らせてしまうと返済を催促するために督促状や電話がきてしまいます。

 

2-1.審査で在籍確認は基本的になし

基本的に、働いており自身に収入がある人がカードローンの利用申請をした場合にはその勤め先に在籍確認の電話がいきます。
しかし、専業主婦向けカードローンやレディースローンと謳っているカードローン業者に関しては本人確認の電話だけで在籍確認まではしない傾向があります。
これらのカードローンは利用上限額と約定返済額が低く設定されているものが多いため、返済能力にそれほど影響を与えずに長期的に債権を回収できることが、審査をそれほど厳格に行わなくてもよい理由であると考えられます。
ただし、いくら約定返済額が低いと言っても約定返済だけで完済しようとすると返済期間が長くなってしまい、利息が膨らんでしまう可能性があります。
借りたお金はできるだけ早く完済するようにしましょう。

 

2-2.WEB明細を利用しよう

専業主婦が夫にカードローンの利用が知られてしまう原因として、郵便物と電話の二つが挙げられます。
郵便物に関しては、返済を遅延してしまった場合にきてしまう督促状の他、明細書にも注意が必要です。
カードローンの利用申請を出す際、あるいは契約を結ぶ際にWEB明細を利用するかどうか問われると思います。
WEB明細とは、インターネットからカードローンの利用金額、キャッシング枠、返済日、返済額などの確認を行えるサービスで、これを選択すると紙媒体の明細書が届けられなくなります。
紙の明細書が届いてしまい、それを偶然夫が受け取ってしまうとカードローンがバレてしまうことは明らかなのでWEB明細にすることをおすすめします。

 

2-3.返済の遅れは絶対にNG

何も問題が無ければ電話での連絡が来るのはカードローンの契約時の一回だけです。
これも申込書に記載してある電話番号に電話がくるため、自分の携帯電話に来る場合がほとんどだと思います。
しかし、返済日に返済が上手く行われなかった場合には自宅へ督促状が届けられるのに加えて、自宅に電話、極端なケースでは夫の勤務先へも催促の電話がくるようです。
夫に内緒でカードローンを利用しているのであれば返済だけは絶対に守るようにしましょう。
夫にバレてしまうだけでなく、利用上限額の引き下げもあるため良いことは何もありません。

3.銀行カードローンの特徴とは?

さて、専業主婦がカードローンを利用する場合には二つの選択肢があります。
一つは銀行系カードローンを利用すること、そしてもう一つは配偶者貸し付け制度を使ってノンバンク系カードローンを利用することです。
夫に内緒でカードローンを利用したいと考えているのであれば必然的に銀行系カードローンになってしまいますが、実際のところ、銀行系カードローンとノンバンク系カードローンではどちらが良いのでしょうか?
基本的に、ノンバンク系カードローンは上限金利が高く設定されており、利用限度額は低く設定されている傾向があります。
そのため、純粋な貸付条件で比べれば銀行系カードローンの方が優れています。
しかし、アコムやプロミスといった大手消費者金融業者では無利息期間サービスと言うものを提供しているため、一ヵ月以内に完済できるのであれば実質的に無利息で融資を受けることも可能です。
では、反対に、銀行系カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

3-1.金利が低くて利用しやすい

先程も説明した通り、銀行系カードローンはノンバンク系カードローンと比べると利率が低いです。
具体的には、ノンバンク系カードローンでは上限金利が18%付近に設定されているのに対して、銀行系カードローンでは15%前後となっています。
たかが3%程の違いですが、実際の借入ではこれが大きな差になります。
例えば、年利15%と18%で5万円を借り、月々1万円ずつ返済した場合に前者であれば利息は3,000円程度ですが、後者の利率で返済した場合の利息は4,000円近くなります。
専業主婦であれば重々承知だと思いますが、1,000円とは中々大きいお金です。
カードローンを使ってお金を借りるのであれば少しでも賢く借りたいですね。

 

3-2.即日融資が可能な銀行も

一昔前までは「即日融資といえばノンバンク系金融業者でなければできない」、と言われていましたが現在では専業主婦であっても即日融資を受けることができる銀行も増えてきています。
もちろん、「既にその銀行に口座を持っている」など一定の条件を満たす必要はありますが、急にお金が必要になっても対応できるようになったのは消費者からすれば嬉しいですよね。
最後に、専業主婦であっても即日融資に対応している人気の銀行をいくつか紹介したいと思います。
みずほ銀行の女性専用カードローン【みずほMyWing】は、みずほ銀行に口座があれば即日融資が可能です。
イオン銀行カードローンも、イオン銀行に口座を持っていれば即日融資が可能です。