専業主婦 お金 借りる

専業主婦がお金を借りられるところってあるの?

家計のやりくりをこなす専業主婦の方々には、何かとお金の心配がついて回るもの。ところが、2010年に施行された「総量規制」という法律(収入の3分の1までしか借り入れできないという法律)ができてからは、収入ゼロの専業主婦はお金を借りにくい状況になってしまいました。

 

 

しかし、この総量規制という法律は、主に消費者金融・信販会社・クレジット会社を対象としているもの。
銀行系カードローンによる借り入れは対象になっていないため、数は少ないですが主婦の方でも借り入れ可能な会社があるのです!

 

このサイトでは、その中でも「夫に内緒でお金を借りたい!」という専業主婦の方におすすめなカードローン会社をご紹介!さらに、審査に通るためのコツなども詳しく解説しています!

 

自分に最適なカードローンを選び、うまく利用することで、今あるお金の心配をぜひ解消してください!

夫に内緒で借りるには?

自分のスマホ・携帯から申し込む

共有のパソコンでカードローンの申し込みをしてしまうと履歴などから、家族にお金を借りたことがばれてしまうことも・・・。
なるべく、自分以外が見ない個人用のスマホや携帯から申し込むようにしましょう。

 

同意書や収入証明なしで申し込みできるカードローンを選ぶ

カードローンの中には、申し込みの際に旦那様の収入証明や同意書を提出しなければならない場合があります。そのようなカードローンを選んでしまうと、旦那様に内緒で借り入れするのはかなり難しくなってしまいます。ですから、事前に公式ホームページで必要書類を調べ、運転免許証や健康保険証など本人確認できるものさえあればOKというところを選ぶようにしましょう。

 

在籍確認の電話がないカードローンを選ぶ

主婦もOKのカードローン会社でも、配偶者である旦那様の就業状況を確認するため、旦那様の勤め先に在籍確認の電話が入る場合があります。
ほとんどの場合は、プライバシー保護のため、会社名は名乗らず個人名でかかってきますが、旦那様を不安にさせないためには、在籍確認の電話がないカードローン会社を選ぶ方が賢明です。
また、本人確認の電話は必ずかかってきますので、自宅の電話番号でなく自分個人の携帯番号にかけてもらえるよう設定しておくといいでしょう。

 

郵便物に気をつける

ローンカードは普通、自宅に郵送されてきます。しかし、ほとんどの場合はATMや支店でも受け取れるので、心配な方は審査終了後、「直接受け取りたい」という旨をカード会社に伝えるようにしましょう。
また、通常は利用明細が自宅に郵送されますが、WEBサービスで詳細を見られるように設定すれば、郵送なしで利用することができます。カードを受け取り次第、すぐに設定を変更するようにしましょう。

審査に通るために気をつけることは?

借り入れ状況を改善する

審査では、申込者本人や旦那様の過去の借り入れ件数や借入額、ローンの返済状況などをチェックされ、「本当に信用できるのか?」「返済が可能な状況なのか?」ということを判断されます。
あまりにも借り入れ件数や借入額が多いと審査に落ちやすくなってしまうので、できるだけ返せる分は返してから申し込みをするようにしましょう。

 

借り入れ希望額はなるべく小さくする

カードローン会社がチェックするポイントで忘れてはならないのが、借り入れ希望額と収入のバランスです。あまり希望額を大きくしすぎると、「こんなに返せないのでは?」と判断され、審査に落ちてしまう場合もありますので、なるべく希望額は小さく設定するようにしましょう。

 

申し込みは1社に絞る

審査に通るコツとして気をつけたいのが、なるべく社数を絞って申し込みをすることです。
短期間に何社も申し込みをしてしまうと「この人はお金にかなり困っている」「返済能力があやしい」と判断されてしまい、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。一般的には、1ヶ月に2社程度なら問題ないといわれていますが、確実に審査に通りたいなら、申し込みは1社に絞った方が確実でしょう。

 

契約時は記入ミスがないようにする

申し込みの際、特に気をつけたいのが申し込み情報の記入もれや記入間違いです。たとえ、意図しないミスであったとしても、残念ながら「嘘の情報である」「信用できない」と判断されてしまうケースもありますので、不備がないよう慎重に必要事項を記入するようにしましょう。

専業主婦の方必見!夫に内緒で申し込めるカードローンランキング!

みずほ銀行は、専業主婦の方に最もおすすめしたいカードローン!
来店不要でPC・スマホから簡単に申し込みができ、同意書や在籍確認の電話もないから、家族にばれる心配なし!また、低金利なので長く借りても負担が少ないため、少しずつ無理なく返済することができます!信頼できるところで安心して借りたいなら、みずほ銀行に決まりです!

 

ポイント

金利3.0〜14.0%
限度額30万
収入証明・同意書不要
即日審査・融資可能
在籍確認の電話がないから、ばれにくい!

 

新生銀行カードローンレイクの最大の特徴は、30日間or180日間の選べる無利息期間があるということ。30日間無利息コースなら借入額全額無利息に。180日間無利息コースなら借入額の5万円分が無利息になり、うまく利用すれば、利息による負担をかなり減らすことができます。一時的にどうしてもお金が必要という方には特におすすめなカードローンです。

 

 

ポイント

金利4.5〜18.0%
限度額500万円

急な出費で生活費がピンチの時に便利なカードローン!

専業主婦は、毎日の家事や子育て、近所の人との付き合いなど、周りが思っている以上に大変な仕事をしています。
経済的に余裕がある人は、様々な息抜きも出来るのですが、経済的な余裕もない人では、息抜きも出来ずストレスがたまるという人も多いのではないでしょうか。
そんな時に、友人との話が盛り上がり、旅行に行こうなどと言われて思わずOKしたのはいいけど、後になって旅費に使えるようなお金は一切なく、後悔することもあります。
そんな時に、強い味方となってくれるのがカードローンです。
専業主婦でも利用できるカードローンもあり、10万円程度の融資を受けることは十分に可能性があります。

 

消費者金融は専業主婦も申し込みできる?

急に友人と旅行に行くことになり、夫の了解は得たけど、自分の旅行のために夫にお金を出してくれとは、言いづらいという人も多いのではないでしょうか。
そんな人がまずカードローンを利用するための金融機関として選ぶのが消費者金融ではないでしょうか。
一般的に消費者金融は銀行よりも審査が甘いと言われ、即日融資にも対応してるのですぐにお金を借りられると考える人が多いようです。
しかし、大手消費者金融では安定した収入のない専業主婦にお金を貸してくれるとこはまずありません。
ただ、中小の消費者金融では、配偶者貸付を利用することでカードローンが利用できるところはあります。

 

銀行系カードローンの配偶者貸付制度を解説!

配偶者貸付とは、消費者金融で使われる場合と銀行で使われる場合とでは少し意味合いが違ってきます。
消費者金融での配偶者貸付とは、総量規制の例外として認められているものです。
銀行では、貸金業者ではないため総量規制の対象外ということもあり、消費者金融の総量規制の例外としての扱いではなく、配偶者の年収をもとに、専業主婦の人にも融資をしています。
そのため、消費者金融で利用できる配偶者貸付ではいろいろな書類を揃える必要がありますが、銀行では専業主婦でも本人確認書類だけで融資をしてくれるところもあり、申し込みやすいのが特徴です。

 

配偶者貸付は配偶者に内緒でキャッシングを利用できる?

カードローンやキャッシングを利用するときには、夫に内緒にしたいという人は多いのではないでしょうか。
自分たちだけが楽しむ旅行などの費用のためにお金を借りたことは知られたくないものです。

消費者金融で利用できる配偶者貸付では、いくつかの書類を提出することが融資を受けるための条件となっています。
その書類が、婚姻関係の証明書、収入証明書、配偶者の同意書です。
この必要書類の中に配偶者の同意書が必要となっているため、基本的に配偶者貸付で夫に内緒で借り入れをすることは出来ません。
口コミなどを見ると、同意書に自分でサインをして提出したという人もいるようですが、おすすめできる方法ではありません。

 

配偶者貸付でお金を借りた専業主婦の口コミ体験談

「配偶者である夫の収入証明書が必要というカードローンが多いです」と感じている専業主婦が、楽天銀行スーパーローンを利用して15万円借りることができたといった声を見ることが出来ました。
この銀行では配偶者の収入証明がなくても借り入れが出来たとのことでした。
このように、銀行での配偶者貸付では、少額の借り入れとなりますが、消費者金融のように色々な書類を提出することなくお金を借りている人は多くいます。
色々な書類を提出する必要がないということは、それだけ夫にバレる心配もなく、急に必要になったお金を用立てることが出来ます。

専業主婦が配偶者に内緒で利用できるオススメのカードローン!

口コミからもわかるように、銀行では配偶者に内緒でカードローンを利用することが出来ます。
無駄遣いをすることなく家計をやりくりしているのに、夫の収入だけではうまく回せないという時には、夫に相談してお金を借りるという選択肢もあるのですが、自分の都合によってお金が必要という時には、どうしても相談するのは難しいという人も多いのではないでしょうか。
そんな時には、本人確認書類だけでお金を貸してくれるような銀行でお金を借りることをおすすめします。
内緒で借りることに後ろめたさを感じるという人もいるかもしれませんが、確実に返済が出来るような利用法なら、内緒でカードローンを利用しても問題ないと考えられるのではないでしょうか。

 

イオン銀行カードローンの金利や限度額の詳細情報!

イオン銀行での金利は年3.8%〜13.8%、限度額が30万円〜800万円となっています。
専業主婦の人にとってなじみのあるイオンですが、この銀行のカードローンでの金利は最大金利が13.8%となっていて、銀行の中でも低い金利設定となっています。
多くの銀行カードローンの最大金利を15%前後に設定しているところが多く、この金利と比べればイオン銀行カードローンの金利の低さがわかるのではないでしょうか。
限度額は30万円〜800万円となっていますが、専業主婦の場合には50万円までとなっています。
イオン銀行カードローンBIGでは、利用限度額が30万円〜90万円に設定されると、金利は13.8%が設定されることになります。

 

楽天銀行カードローンの金利や限度額の詳細情報!

楽天銀行カードローンでは、金利は4.9%〜14.5%、限度額は最大500万円となっています。
楽天銀行カードローンでも、専業主婦の場合には最大50万円までの借り入れとなります。
この銀行の金利を見ると、イオン銀行と比べて少し高いように感じますが、専業主婦の人には利用しやすい銀行と考えられます。
この銀行では、専業主婦でも融資をしているということを明確にしている銀行です。
このことは専業主婦が銀行でお金を借りる場合には重要なポイントとなります。
銀行では、収入のない専業主婦には融資をしていないところもあります。
そのような銀行に申し込んでもまず審査に通ることはなく、楽天銀行は専業主婦の人でも借りやすい銀行と考えられます。

 

みずほ銀行カードローンの金利や限度額の詳細情報!

みずほ銀行カードローンの中には、女性専用カードローン「みずほMyWing」があります。
このカードローンでの金利では年12.0%〜14.0%、限度額は10万円〜100万円となっています。
金利を見ると、最小金利が年12.0%となっているため、とても高いと感じるかもしれませんが、専業主婦の人の場合には少額の借り入れとなるため最大金利に注目することが大切です。
金利が14.0%は、消費者金融と比べると大きな差と感じますし、銀行の中でも低い金利です。
専業主婦の人の場合は限度額が30万円となっていますが、このみずほ銀行の女性専用カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

専業主婦が借りられるカードローンは審査が厳しい?

収入がない専業主婦の人の場合はどうしても審査が厳しくなると感じるかもしれませんが、専業主婦でも借りられる銀行では、必要な書類は本人確認書類だけというところも多くあり、比較的審査に通りやすいとも考えることが出来ます。

夫に安定した収入があるかが重要で、もともと専業主婦の人へ融資は少額となるため、審査に通りやすくなります。
ただ、他社からの借り入れがあったり、過去にカードローンやクレジットカードなどで延滞などをしたことがあるという場合には審査は厳しくなります。
夫に安定した収入があり、過去の利用実績に問題がなければ十分に審査に通る可能性はあります。
 

実際にカードローンを利用している専業主婦の口コミ

「ずっとみずほ銀行に口座を持っていた」という人の、みずほ銀行のカードローンを利用した時の口コミを見ることが出来ました。
この人は「キャッシングやローンには抵抗があったのですが、大手銀行のサービスであることや、確実に返済できる見込みがあったので利用しました」とのことで、大手銀行であることも利用するための大きなポイントになっているようです。
申し込みでは、「申し込みはWEBからで、特に難しい操作や手順はありませんでした」と言っていて、普段からネットを利用している人なら気軽に申し込むことが出来そうです。
この人の場合には、もともと口座を持っていたことからすぐに借り入れができ、口座も引き落としにしたので、「わざわざATMに振込みに行く必要もなく利用開始から返済までとてもスピーディでスムーズでした」ということでした。